2010年02月05日

権力とSMではなくDS



http://megalodon.jp/2010-0203-1832-59/honnosense.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post-7dd4.html

これは切っても切り離せん関係や。

そん前に最近は「わたしってこう見えてMなんですっ」などと安易に使われるんで、いうとくが、以下のみっつははっきりと区別せんとイカン。

@S&M(サディズムとマゾヒズム)
これは快楽嗜好の違いで精神的肉体的にいたぶってナンボがS、いたぶられてもっとがMや。
別に相思相愛である必要あらへん。単独プレーもできるっちゅうこっちゃ。
ABondage & Discipline(拘束と調教)
これは身体的に自由がきかんようにして、行為や感情をこちらの思うように変えるっちゅうことや。
まあこれも人間関係なくてもかまわんな。Bondageはすっかりファッションとして定着しておるし、
ペットのしつけもある意味調教やし。
BD&Sとは支配(dominance)と服従(submission)
これは人間関係有りき。何か知らんけど、精神的に優位に立つもんが、劣位にたつもんを思うがまままの関係なんやけど、
ここでのポイントは思うがままにせれる方もその「何か」を正しいもん絶対的なもんとして自ら受けいれているちゅうことや。
いわゆるSM的には究極の主人奴隷関係や。拘束もなんもなく奴隷が尽くしよるっちゅうことで。


まあこの三つはいろいろ重なるんやけど、週刊朝日が報道した検事の10時間監禁プレーはBですわ。たみのっちゅうおっさんの「支配」は、刑法だか刑事訴訟法だがちゅう「何か」で優位に立ってるわけで、
それをたてに無実の人間を10時間近く拘束してネチネチと言葉責めしたわけで、しかもプレー料金も払わず、相手にお茶を出せばお茶代の120円を請求までして、、。

話がそれたわ。腹立つんは無料で楽しんだっちゅうことやなくて、法的正義ちゅう建前をかざして、個人の快楽を好き放題に貪るっちゅうことや。善良な国民やったら法的正義は絶対的なもんとして受け入れてしまうで。(私は常に阪神半疑やなくて半信半疑ですけど、、)

個々人の快楽追求スタイルにとやかく言うつもりはない。そやけど、それを正義の味方気取りでプレーするのはアカンやろ。せめて風俗営業の届出ぐらいは出してもらはんとな。

ほなら
posted by enpho at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。