2009年01月17日

300年に一度の危機

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

こんまえ 五木寛之がテレビでしゃべっておった。
「戦中少年の自分としては、政府は絶対本当のことを言わないと思ってしまう。大本営放送でも、負けた戦いのときに、勝ったと言っていたわけですから。なので、今の経済危機も100年に一度と聞くと、本当かなあ、300年に一度位の危機なのではないかと思ってしまう。」

なるほどなあ、そういや今回の英国銀行の利下げも1694年以来の最低水準やしなあ。315年前や。日本史的には1687年に生類憐れみの令が制定されておるから、それ以来のおバカな法律が制定されてもおかしくないっちゅうことやなあ。定額給付金なんぞは、まだまだおバカ具合が足らんちゅうことやで。

ほなら

今日の詩:病理1「常識とは常識か?」
「そやったら、その常識に感染した人間だけの妄想とちゃいますの」
posted by enpho at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。