2009年01月31日

オバマが日本の総理だったら「1 誇りの喪失」

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

国民の皆さん、

私は今日ここにこうして立ち、重大な使命を全うしようと身が引き締まる思いです。そして同時に、ご指名頂いた議会に感謝し、ご任命頂いた天皇陛下の思いを大切に受け止めています。私は麻生太郎内閣総理大臣が国民のために尽くされたその献身に感謝し、さらにこの移行期を通じて示してくださった思いやりと協力に感謝します。

これまで92代に渡り日本人が内閣総理大臣の指名と任命を頂きました。内閣総理大臣の指名及び任命はこれまで、繁栄の波が高まる中で、そして平和という穏やかな海の中で、時折、暗雲かき曇り嵐が吹きすさぶ中でも繰り返されてきました。もちろん、内閣総理大臣制度が生まれる前から日本国の歴史は綿々と続いており、それはただ単に、貴族武家にある者たちの才覚や野望によってではなく、祖先たちの願いを大切に受け継ぎ、郷土への愛を深く抱き続けたからです。これまでずっとそうでした。そして今の世代の日本人にとっても、そうでなくてはなりません。

私たちが危機の最中にあることは今や、周知のことです。この国は、世界平和のために「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」を掲げていますが、その意義を今一度見直す時期に来ています。また、私たちの経済はひどく弱体化してしまった。明治維新に始まる富国強兵、そして戦後復興期における国民所得倍計画という政策の弊害ではあるが、私たちみんなが全体として、アメリカ合衆国依存からの脱却へ向けて国を準備してこなかったせいでもあります。おかげで人々は家を失い、職を失い、事業は閉ざされてしまった。私たちの年金制度は法律が優先され過ぎている。この国の学校はあまりにあちこちで管理偏重となっている。そして私たちの議論の方向は、自分達を如何に規則で縛るかが主眼となっている。その新しい証拠が、連日のようにあがってくる。

どれもこれも危機の指標として、データや統計で計れるものです。それに比べて、数字では計りにくいが同じくらい重大なのが、国民としての誇りの喪失です。日本の戦後復興は間違いだったのではないかという、いかんともしがたい憂鬱。そして次世代の国民は期待をもつこと自体が間違いではないかとい諦め。こういう誇りの喪失のことです。


今日の詩:「バレンタイン・デー」

ドロドロと
一緒に流れましょう



posted by enpho at 19:40| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

300年に一度の危機

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

こんまえ 五木寛之がテレビでしゃべっておった。
「戦中少年の自分としては、政府は絶対本当のことを言わないと思ってしまう。大本営放送でも、負けた戦いのときに、勝ったと言っていたわけですから。なので、今の経済危機も100年に一度と聞くと、本当かなあ、300年に一度位の危機なのではないかと思ってしまう。」

なるほどなあ、そういや今回の英国銀行の利下げも1694年以来の最低水準やしなあ。315年前や。日本史的には1687年に生類憐れみの令が制定されておるから、それ以来のおバカな法律が制定されてもおかしくないっちゅうことやなあ。定額給付金なんぞは、まだまだおバカ具合が足らんちゅうことやで。

ほなら

今日の詩:病理1「常識とは常識か?」
「そやったら、その常識に感染した人間だけの妄想とちゃいますの」
posted by enpho at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

聖体拝領について/牧野修

makino02.JPG

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

舌や唇で世界と繋がるということは、幼いエロスの表明かもしれませんね。また、「舐める」という行為で相手を感じ取ろうとすること自体が服従に繋がるように思います。神とは服従に喜びを得る人たちの究極の対象なので、神を「舐める」ことをそういう人々が望むのは理解できます。(牧野修/著者インタビュー〜作品イメージと聖体拝領の絵の関係について)

********************************

目と耳で空気を読むということは、防衛本能の表明かもしれませんね。
また、「微笑む」という行為で表情を偽ろうとすること自体が支配を容易にするように思います。空気とは快楽のレベルを下げても苦痛感じずにすむ究極の言い訳なので、空気を読むことが正しいとされるのは理解できます。

********************************
目と耳で空気を読むっちゅうのは、防衛本能の表れかもしれへんなあ。
ほんで、「微笑む」ちゅう行為で表情をだまくらかすちゅうこと自体が支配を楽チンにするのとちゃいますか。空気ちゅうのは、気持ちよさのレベルを下げおっても苦痛を感じへんですむごっつうエエ言い訳やから、空気を読むっちゅうのが正しいちゅうのはようわかりまっせ。

********************************

今日の詩:情報の墓場
あなたの人生は
神社でクリーニングしてください!




posted by enpho at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月10日

エコロジー/鷲田小彌太

washida.JPG

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

エコロジーが、新しい社会に不満を抱く人たちの宗教になっている。社会主義者の多くが、エコロジストに転身した。バブル社会、過剰な欲望は、人類を、地球を破壊と絶滅に追込む、という推論を展開している。
(欲望の哲学/鷲田小彌太より)

******************************************

贅沢な暮らしが、エコロジー教団の迫害を受けている。貧乏人の多くがエコロジー教団に献金する。平等社会、清貧の思想こそが、国家と会社からの施しを可能にする、という教えを暗示している。

******************************************

はぶりがエエのが、エコロジー教団の迫害を受けておる。びんぼーもんがエコロジー教団に献金しおる。みな同じ、けちんぼ万歳こそが、お上としゃちょーさんからのお恵みにありつけるっちゅう教えをちらつけよる。

******************************************

今日の詩:「不能者」

ああ そうだ 娼婦は正しい
欲望の女神さまだ



posted by enpho at 19:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 名言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

タブー

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

きっと禁止されたものの中に、正しいことが隠れている。


今日の詩:「嘘には嘘で対抗せよ」
それは正義でも悪でもない


posted by enpho at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

予定調和

banner_02.gif

r_bana_1.jpg

過去を祭り上げ、未来を否定すること。


今日の詩:「他人の視線をすり抜けろ」
似合った瞬間に別れを告げること

posted by enpho at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。